新世紀エヴァンゲリオン 第八話「アスカ、来日 / ASUKA STRIKES!」あらすじ

エヴァンゲリオンTV 第8話 タイトル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「その問題」はすでに委員会に話はつけてある、とゲンドウは電話口の相手に伝えた。「荷物」は佐世保を出向し、今は太平洋上にあるという。

 ミサトの計らいにより、輸送ヘリに乗せられて「太平洋のクルージング」へ向かうことになったシンジたち。トウジとケンスケは初めての体験に大はしゃぎ。しかし、海に浮かぶのは「豪華な船」ではなく、旧式の空母だった。甲板へ着陸する船を見届ける少女の影。到着した一行は甲板の上に降り立った。ケンスケは目の前に広がる光景に興奮して歩き回る。その時、風が吹いてトウジの帽子が飛ばされてしまう。飛ばされた帽子を必死に追いかけるトウジ。しかし、無残にも赤いパンプスがそれを踏みつける。

 ミサトの名を呼ぶ少女の声が聞こえた。ミサトに紹介された彼女の名は、エヴァンゲリオン弐号機の専属パイロット、《セカンドチルドレン》惣流・アスカ・ラングレーだった。アスカは早速“噂のサードチルドレン”に興味を示すが、シンジのことを見て「冴えないわね」と言い捨てた。

 ミサトたち一行は空母の艦長に合う。今回の航海はエヴァ弐号機を輸送する任務の一環だった。ミサトは、艦長に「万一の事態に対する備え」として非常用電源ソケットの仕様書を渡す。ミサトは引渡しの手続きを手短に済ませたい様子だが、新横須賀に陸揚げするまでは勝手を許さないと告げられる。そこにアスカの保護責任者としてドイツ支部から派遣された加持リョウジが現れ、ミサトを驚愕させる。休憩室で、加持は過去にミサトと関係があったそぶりを見せて周りを驚かせる。感情的な態度に出るミサトを、加持は慣れた様子ではぐらかした。

 アスカは、エスカレーターで上ってくるシンジを引きとめてエヴァ弐号機に引き合わせる。アスカはシンジに対抗意識を表し、弐号機は「世界初の本物のエヴァンゲリオン」だと力説する。その時、水中衝撃波が空母を襲う。甲板に飛び出したアスカとシンジが見たものは、新たな使徒の襲撃だった。

EVANGELION EPISODE 8

 突如現れた使徒に対して、艦長は魚雷で応戦するも、全く効果を示さないまま次々と船の数を減らしていった。アスカはシンジを連れてプラグスーツに着替える。何をするのか不安がるシンジに、アスカは「あんたバカぁ?」と一蹴。弐号機で「アレ」をやっつけると提案する。

 ゲンドウと通話する加持は、使徒の襲来を予想していなかったことを告げる。しかし、ゲンドウは「そのための弐号機だ。予備のパイロットも追加してある」と言い、シナリオは未だ進行中であることを伺わせた。

 エヴァ弐号機に乗り込んだアスカとシンジ。アスカはドイツ語でエヴァを起動させるが、バグが発生してしまう。シンジの日本語がノイズだと指摘し、思考言語を日本語に切り替えて起動し直す。そして、弐号機はミサトの許可を取らないまま出撃を決行する。弐号機の起動を受けた艦内で、艦長は中止を命ずるが、ミサトは発進を勧める。「B装備」のままであることが発覚した弐号機だったが、シンジも同乗していることを確認したミサトは、発進を許可する。活動限界まで58秒。アスカは非常用外部電源の準備をミサトに依頼する。

 戦艦を足場にして、エヴァ弐号機は空高く舞い上がった。その巨体を受け止める度に大破する船。空母に着艦した弐号機は、甲板に待機していた戦闘機を海に落としつつ体制を立て直す。外部電源に切り替えた弐号機は、プログレッシブ・ナイフを装備して目標と向かい合う。
 空母めがけて突進する第6使徒ガギエルは、そのまま弐号機目掛けて飛び乗ってきた。それを上手く捕らえたアスカだったが、体制を崩して水中へと落下してしまう。B装備では水中戦は無理というミサトに向かって、やってみなくちゃ分からないとアスカが答える。騒動の最中、届け物があると称して加持は一足先に危険な状況を脱出する。

 一旦弐号機の元を離れた使徒が再度接近する。水中で思うように身動きのとれなくなった弐号機を、使徒は大きな口で飲み込んでしまう。この状況を逆手に取ったミサトは、「生き残った戦艦によるゼロ距離射撃」を提案。艦長に協力を要請する。
 早速作戦に取り掛かった空母は、使徒の体内に入り込んだ弐号機つなぐケーブルを巻き戻し、戦艦が待機している罠へ近づけてゆく。シンジとアスカは、お互いの意識を合わせ、戦艦との接触直前に使徒の口を開くことに成功する。使徒の口深くへ突き刺さった戦艦は、砲撃の合図とともに主砲を一斉射撃。目標殲滅に成功する。弐号機は寸前のところで空中へ退避し、空母へ帰還する。

 一足先に本部へと戻った加持はゲンドウと会っていた。どうやら届け物は本当にあったらしい。その中身とは、人類補完計画の要、最初の人間「アダム」と言われるものだった。

 いつもの教室の風景に戻ったシンジたち。そこに、転校生としてやってきたアスカが現れる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加